キンキーブーツ感想とあらすじ!3回観劇したキンキー好きが熱く語る

映画・舞台

キンキーブーツ感想!3回観劇したキンキー好きが熱く語る【映画もあり】

いちまろ夫婦・夫のいちまろです!

大学時代は早稲田のSEIRENでミュージカルを4年間やっていて、ミュージカルが大好きでございます。

大学のミュージカルサークルならSEIRENが断トツお勧め【インカレ】
ミュージカルサークルを探している方、早稲田のSEIREN MUSICAL PROJECTはご存知でしょうか?インカレ(他大OK)で、本気でミュージカルやりたい方には非常にお勧め。東京界隈なら1番ガチなミュージカルサークルです。

2019大阪初日KinkyBootsを観劇!

KinkyBoots 日本版、2019大阪初日行ってきました!!!

人生初・オリックス劇場。

公演の外まですんごい待ち列!!めちゃめちゃ人気のミュージカルということが分かります。

女子トイレの待ち列かと思えば・・

三浦春馬・ローラと、小池徹平・チャーリーのパネル待ちでしたwww

めちゃめちゃ並んでいましたので、今回は断念(笑)

ちなみに、本場ニューヨークにも、ローラのパネルがあるんですよ。(写真はSEIREN同期の景山さん)

グッズもめちゃめちゃ大人気!!

初日なのに売り切れも続出・・・凄まじい・・・

大学時代お世話になりました、森さんも、三浦春馬さん演じるローラの仲間、エンジェルスとして大活躍でして・・

もう本当にかっこよかったです。

 

実は、KinkyBootsはこれで3回目です。

2016年の日本初演と、来日版をシアターオーブで観劇してまして。

今回は3年ぶりのKinkyBootsでした!

 

前回2回はどちらも2階席で、けっこう遠かったのですが、今回はなんと1階13列目!

やっぱミュージカルは前で見る派のいちまろです。

めちゃめちゃのめりこんで見てしまいました。

 

KinkyBootsは、見るたびに好きになっていく、そんなミュージカルです。

感想を簡単に書いていきます!

KinkyBootsのSTORYあらすじ

イギリスの田舎町ノーサンプトンの老舗の靴工場「プライス&サン」の4代目として産まれたチャーリー・プライス(小池徹平)。

彼は父親の意向に反してフィアンセのニコラ(玉置成実)とともにロンドンで生活する道を選ぶが、その矢先父親が急死、工場を継ぐことになってしまう。

工場を継いだチャーリーは、実は経営難に陥って倒産寸前であることを知り、幼い頃から知っている従業員たちを解雇しなければならず、途方に暮れる。

従業員のひとり、ローレン(ソニン)に倒産を待つだけでなく、新しい市場を開発するべきだとハッパをかけられたチャーリーは、ロンドンで出会ったドラァグクイーンのローラ(三浦春馬)にヒントを得て、危険でセクシーなドラァグ・クイーンのためのブーツ“キンキーブーツ”をつくる決意をする。

チャーリーはローラを靴工場の専属デザイナーに迎え、ふたりは試作を重ねる。

型破りなローラと保守的な田舎の靴工場の従業員たちとの軋轢の中、チャーリーはミラノの見本市にキンキーブーツを出して工場の命運を賭けることを決意するが…!

KinkyBoots公式サイトより引用

KinkyBootsは本当に大人気のミュージカル。

ミュージカル界の権威・トニー賞でもミュージカル作品賞に選出されている、ホンモノの作品なのです。

 

2016年の日本初演も全席完売。

さらにKinkyBootsに火をつけたのが、2018年12月に放送されたFNS歌謡際!

TVで、KinkyBootsのメドレーショーを披露したんですよね~

三浦春馬さんや小池徹平さんが出ているミュージカルということもありますし、この放送で一気に、KinkyBootsの知名度は上がったんじゃないでしょうか。

2019年は早々と完売したそうです・・・

KinkyBootsの登場人物紹介

それでは、主要登場人物を紹介していきます!

ローラ役 三浦春馬さん

この投稿をInstagramで見る

BWミュージカル「キンキーブーツ」さん(@kinkybootsjp)がシェアした投稿

まずはローラ役の三浦春馬さん。

KinkyBootsは、アメリカ・カナダ・ロンドン・韓国などでも上演されているのですが、三浦春馬さんのローラが一番はまっている?とも良く言われるほど、美しいローラです。

 

日本版のミュージカルでも、ローラが登場するたびに、拍手が起きます(笑)

三浦春馬さんファンの影響もあると思うのですが・・・それもあって一層盛り上がって観劇することができます。

特に、ローラ登場シーンの「LAND OF ROLA」という曲があるのですが、これがめちゃめちゃカッコいい。

上の動画の、最初の曲ですね。

後は、「SEX IN THE HEEL」という曲も最高(動画 2曲目)です。

 

ローラは、父にプロボクサーになるよう期待され、鍛えていくのですが、自分らしく生きるために、ドラッグクイーンになる。

 

日本って、アメリカや他の欧米諸国ほど、ドラッグクイーンとか、LGBTとかそういう概念ってまだまだ一般的じゃないですけど、これってもっと身近な国だと、ローラの生き方・あり方が、より共感すると思うんですよね。

ローラが、ドンの心を変えていく

この投稿をInstagramで見る

BWミュージカル「キンキーブーツ」さん(@kinkybootsjp)がシェアした投稿

ローラとの対比として描かれるのが、

勝矢さん演じる「ドン」というキャラクター。

 

彼がいわゆる、頭の固い持ち主で、

  • 男が女装するなんて馬鹿だ
  • 男は男らしくあれ

と、主張する、いわば一般大衆の「ドラッグクイーン」に対する、イメージを表現してくれているキャラクターなのです。

 

そんなドンを「ありのままの他人を受け入れろ」という、ローラの言葉が、彼を少しずつ変えていく。

ドンみたいな役がいるから、KinkyBootsはより深みを増し、ローラが輝き、ドンにも共感でき、色々気づきがあるんですよねぇ・・。

 

現実世界に生きる僕たちにも通じるメッセージがKinkyBootsには、ガツンと詰め込まれているんです。

チャーリー役 小池徹平さん

この投稿をInstagramで見る

BWミュージカル「キンキーブーツ」さん(@kinkybootsjp)がシェアした投稿

個人的に小池徹平さん、好きなんですよね~。

初小池徹平は、おそらく2017年冬に妻と見た「ロッキンホラーショー」ですかね。

 

小池徹平さん演じるチャーリーがKinkyBootsのW主役です。

物語を終始進めていく役がチャーリーで、2幕ではミラノへの見本市のために、焦りが募り、仲間たちと軋轢を生み、悩む場面も。

 

その苦悩・葛藤を全て乗り越えて、迎える最後の曲「RAISE YOU UP」。

もうめちゃめちゃハッピーです!

にしても、この動画でも客席めちゃめちゃ盛り上がってる・・

 

それ以外にも、「STEP ONE」という曲が、1幕にあるチャーリーのソロ曲がカッコいいですね。

 

最初は、靴づくりなんて全く興味なかったチャーリーが、工場の人たちをすくうために、ヒールを作り出していく曲で、とても爽快感がある曲です。

 

ちなみに、日本版の曲を家でも聞きたくて…

CDをちゃっかり買いました(笑)

ローレン役 ソニンさん

この投稿をInstagramで見る

BWミュージカル「キンキーブーツ」さん(@kinkybootsjp)がシェアした投稿

KinkyBootsを語るのに欠かせない「ローレン」。

コミカルな役で、まじでソニンさんがはまり役ww

ローレンの一押し曲と言えば「THE HISTORY OF WRONG GUYS」。

奥さんのいるチャーリーに、少しずつ恋していくんですが、そのお茶目な恋心が歌い上げられている曲で、面白く聞ける楽しい曲です。

 

ソニンさんは、その歌唱力の高さも半端ないですが、表情とか芝居ひとつからまじで目がなせない役者さんですね。

キンキーブーツ観劇感想 まとめ

とにかく最高のKinkyBoots。

日本で今後再演される場合や、ニューヨークに行くことがあれば、ぜひ観劇してみてください!!

 

ちなみに、ミュージカルが話題となっていますが…原作は映画です。

映画が話題となりアメリカでミュージカルになっているのです。

 

映画KinkyBootsは、U-NEXT だと31日間無料で見れるので、ぜひ一度見てみてくださいね!

 

いや~KinkyBoots最高です。

いちまろ

 

 

次の記事

劇団四季お勧めランキング!ミュージカル好き12人が推し作品を熱く語る!
生粋のミュージカル好きに聞く!初めて見る人にお勧めの劇団四季ランキング!もっと多くの日本人にミュージカルを広めたい!好きになってほしい!そんなことを思う、いちまろ夫婦・夫のいちまろです!「日本でミュージカル」と言ったら、やっぱり劇団四季が思
タイトルとURLをコピーしました