ユニバーサルシティのたこ焼全6店・ガチランキング!【全店実食まとめ】

グルメ

全店実食!シティウォークのたこ焼全6店・ガチランキング

大阪在住ライターのいちまろ夫婦です!

 

  • ユニバーサルシティーウォークのたこ焼ってどこがお勧め?
  • 一番美味しい店ってどこなの?
  • 各店たこ焼の味の違いを知っておきたい!

 

この記事では、上記の質問に回答しつつ、いちまろ夫婦が実際に全6店食べたレビューを基に、ガッツリ各店の味や、たこ焼の特徴を解説していきます!

全6店舗実食してきました!!

 

いちまろ
いちまろ

美味すぎて、食べてる写真1枚しか撮ってないわ・・(笑)

 

しみまろ
しみまろ

私の中で一番のたこ焼店は決まってるんですな!

 

【そもそも】ユニバーサルシティウォークのたこ焼「TAKOPA」の概要

レビューを紹介する前に、まずはユニバーサルシティウォークのたこ焼「TAKOPA」の紹介を。

 

ユニバーサルシティウォークでたこ焼を食べるとしたら、この「TAKOPA」というエリアに行ってください。

そこに、たこ焼屋が全6店舗集結しています。

 

いちまろ
いちまろ

逆にいうと、ここ以外ユニバーサルシティウォークにたこ焼屋はないです。

 

このたこ焼屋6店舗が、大阪屈指の名門ぞろいで、どれもマジで美味しい。

超一流、超本場のたこ焼なわけです。

 

昔は、「大阪たこ焼ミュージアム」という名前で、お土産屋なども併設していたのですが、一気にエリアを改造。

 

(あまり人気のない)お土産屋を取っ払い、上の写真のような「食べ比べ」スペースを併設。

「大阪たこ焼ミュージアム」から、「TAKOPA(TAKOYAKI PARK)」に名前も変更になりました。

 

そして、後ほど紹介する「たこやき玉屋」が新出店!

 

いちまろ
いちまろ

改装することで、コンセントも非常に分かりやすくなり、たこ焼を食べ比べる環境も格段にUPしましたね!

 

USJに遊びに来たら、絶対立ち寄るべきスポットが、この「TAKOPA」なわけです。

 

しみまろ
しみまろ

と、いうことで、6店舗のレビューをしていきます!

 

いちまろ
いちまろ

せっかく個人のブログなので、僕らの独断でガチランキングを作ってみました!

 

ちなみに先に言っておきますが‥‥

全店舗、まじで普通に美味しいです。

どこ行ってもハズレないです。

6位「たこやき十八番」:変わり種が豊富!

平成2年、大阪西中島の名店「十八番」。

今は、道頓堀やお台場など、全5店を構えています。

カリカリサクサク、たこ焼きの中から天カスが顔を出します。

それでいて、クリーミーな生地と中から出てくるおいしいタコ。

粉にだし汁、牛乳を加えた生地が銅鍋に流し入れられると、タコ、紅生姜に続いて赤い粉末の桜えびが一面に振り入れられ、そしてその上には丸みのある上質天かすがぎっしり敷き詰められます。

ここからが忙しく、天カスが溶けないうちにリズミカルに3度4度と返されると、十八番ならではのたこ焼きが出来上がります。

女性店主ならではのこだわりの品は、大きさ、軽い口当たり、つい次がつまみたくなるなど、心憎いほどツボを得たたこ焼きです。

引用:TAKOPA「十八番」

 

一言でいうと

変わり種・オリジナリティがすごい

というのは、まずメニューを見て入ってくるのが

わさび!!!

 

え、ダントツに「わさび」が目に入ってきませんか?

僕は、パッと目につきましたww

 

さらに、その下の「大盛りネギ」

これも気になる。

 

いちまろ
いちまろ

今回の食べ比べでは、メニューを見てシンプルに食べたくなったものを選ぶことにしています!

わさび(醤油) 8個600円

結局選んだのは、わさびwww

これがマジで斬新。

 

大量の刻みのりに、サイドには海苔の上にたんまりと「わさび」

店主さんが、スーパーで売っているあのワサビチューブから、たんまりワサビを出したときには、思わず笑ってしまいました。

 

わさびの中でも

  • 醤油

の2種類から選べるのですが、店主さんに聞いたところ「醤油の方が良く出る」とのことだったので、醤油にしました。

 

写真を見ると分かるのですが、ミニパックの醤油で付いてきて、これも笑いましたww

そして何といっても

圧倒的天かす!!!

 

生地の表面に、めちゃめちゃ天かすがついておる。

これは、TAKOPAの中でも、十八番だけですね。

 

この天かすがあることで、サクサク感がものすごかったです。

 

いちまろ
いちまろ

サクサク感でいうなら、十八番のたこ焼がダントツ一番ですね。

サイズは小ぶりなので、一口でパクっと食べられる感じです。

更に嬉しいのが

マヨネーズかけ放題www

 

 

いちまろ
いちまろ

いや、マヨラーにはまじでたまらない。

 

十八番は、唯一マヨネーズがセルフでおいてあるお店でした。

 

たこやき十八番の総評

この投稿をInstagramで見る

食べたもの記録さん(@ura_recordingdiet)がシェアした投稿

結論からいうと、

わさびじゃなくて普通のを食べるべきだった。

 

記事のネタにはなりましたが…。

 

何と言っても

  • わさび
  • のり
  • 醤油
  • (+たこ)

このコラボ、寿司を食っている錯覚に陥るww

 

全然わさびの組み合わせも悪くないし、斬新で面白いんですが、普通にソース味で食べるのが一番だなぁ~と改めて感じました。

 

5位「たこやき玉屋」:オマール海老出汁がパナイ!

2018年3月にシティーウォークTAKOPAに新出店した「たこやき玉屋」!

フランス料理出身のオーナーが、立ち上げた、正真正銘本気の味。

 

本店は、天神橋筋にあります。

その他に、十三東店と、シティーウォーク店で計3店の出店。

玉屋もいろいろなメニューがありました。

明石焼き風とかも美味しそうだったし、味付けも「ゆず七味」、「チーズカレー」なんてものまでありましたしね。

 

人気ランキングは

  1. 岩塩マヨ
  2. ソース
  3. ねぎポン

らしいです。

 

ちなみに、メニューが「ランキング」ではなく、「ランキグ」になってるのはわざとなのかな?(笑)

玉屋のたこ焼きは「オマール海老」を始めとした天然の恵みをふんだんに取り入れ、そこから 3日間かけて旨味成分を絞り出した「究極の出汁」を生地に使用しております。

 

B級グルメの代表格といえる『ラーメン』は全国的にも需要、知名度も高く、それに比例して強者職人達が麺やスープを、洗練させ進化を遂げています。

ことたこ焼きに関しては、関西(大阪)では抜群の反響がありますが、地域を離れると販売店舗自体が極端と言えるほど少なく需要も少ないと言えます。

この状況を打開すべく『たこ焼き三ヶ条』を掲げ、『たこ焼き』がB級グルメの代表格となる日を目指して取り組んでいます。

其の一、 生地に天然の旨味を加える
其の二、 視覚で楽しめる創作性を
其の三、 主食とのコラボを図る

引用:玉屋公式サイト

 

いちまろ
いちまろ

たしかに、ラーメンくらいたこ焼がもっとメジャーになるといいね!!

 

岩塩マヨ 5個450円

岩塩マヨ!

人気No.1と言われれば食べるっきゃない!

 

やや大きめのたこ焼は、形がふんにゃりしたタイプ。

外側には岩塩の味がしみ込んでおり、マヨネーズだけがかかった、シンプルな味付け。

 

外側の生地は、結構カリカリしていた印象です。

中もトロトロ!!!

でもね何が一番美味しいってね、生地がめちゃめちゃ美味しい。

 

出汁の旨味を強く感じる、たこ焼。

オマール海老と、20種類の食材で煮込んだ出汁は、なんでしょう、豊かなんですよね、すごく。

正直、この看板見るまで「オマール海老入ってる」なんて、みじんも思わなかったのですがwww

 

でも、本当に至福。

何より、岩塩とマヨネーズがめっちゃ合う。

 

いちまろ
いちまろ

リピートしに行きたい!たこ焼でしたね。

 

このクオリティで5位なんだから、本当TAKOPAの6店舗のレベルは高すぎでっせ、ほんま・・・。

 

4位「会津屋」:たこやきの元祖・食べるべき店

しみまろ
しみまろ

え!!!会津屋4位???

 

しみまろ
しみまろ

私的に、ダントツ1位なんですけど。

 

 

たこ焼の始まりってどの店か知ってますか?

 

・・・

「会津屋」なんです。

 

創業昭和8年の超老舗店。

肉・コンニャクなどを入れて焼いた会津屋の「ラヂオ焼き」がたこ焼きの始まりと言われているんです。

 

しみまろ
しみまろ

私が、一番好きなタコ焼き屋です。

 

いちまろ
いちまろ

分かったよwwww

 

まず特筆すべきは「店員さん」。

めちゃめちゃ気さくで、呼び込みも非常に元気!

 

「たこやき発祥のお店ですよ~!」

と、威勢よく呼び込んでおりました。

 

すごく気持ちのいい対応をしてくれるお店です。

メニューもいたってシンプル!

さすが、たこ焼発祥・王者のお店。

 

たこ焼は、単価にして、1個50円の安さです。

6店舗の中でも一番安いですね。

昭和10年に会津屋初代の遠藤留吉がラヂオ焼きをもとに、大人も喜ぶものをとラヂオ焼に牛肉・コンニャク・豆などを入れて工夫するがいまひとつ評判は芳しくありませんでした。

そんなある日、お客様の「大阪は肉かいな。明石はタコ入れとるで。」の一言がヒントとなり、生地の中にタコを入れ初めて「たこ焼き」と名づけ、たちまち世間の好評を得ました。

また、小麦粉を醤油味のダシで溶くようになったのも留吉のアイデアです。

会津屋のたこ焼きは紅しょうがを入れず、ソースも青海苔も使用しません。大きさも現在のたこ焼きより一回り小さいのが特徴です。

ビールを片手に手でつまめるものにという初代のスタイルを現在も頑なに守っております。

引用:会津屋公式サイト

 

そう、上の引用でも書いてありましたが、

会津屋のタコ焼きの特徴と言えば…

ソースなし!!!

 

そう。

会津屋の最大の特徴は、ソースやマヨネーズ、かつお節、青のりなど、一切トッピングがないこと。

 

そのまま食べれてしまうたこ焼こそ、元祖の味なのです!

一口サイズの小ぶりなタコ焼きは、生地にしっかりと醤油風味の味がついており、中はとろーり!

出汁は、昆布やかつおダシがしっかり効いています。

 

とにかくあっさり食べられる!

何て言っても、会津屋の魅力はここでしょう。

一切こってりしていない。

 

ある意味薄味が特徴の、関西らしいタコ焼きなのかもしれませんね。

いちまろ
いちまろ

僕はどっちかというと、味付け濃い目が好きなので、本当は5位くらいかな!

 

しみまろ
しみまろ

私の激推しで4位にしてくれたのね(笑)

3位「くくる」:新大阪駅の味w 特大&どろっの真骨頂

さぁ、ここで来ました「道頓堀 くくる」!

新大阪駅にあるのが有名ですね、食べたことある方も多いのではないでしょうか?

 

全国に50店舗以上を展開する、超人気店ですよ。

道頓堀くくるの、メニューで面白いのは

  • たこ焼
  • 赤タコ
  • 黒タコ

この3つがあることでしょう。

 

たこ焼きは通常のもの。

赤タコはエビが丸ごと入っている。

黒タコはイカ墨生地。

 

赤タコ&黒タコはちょっと高い。

 

いちまろ
いちまろ

その場合は「うまいもんセット」で食べるのがいいかもしれないね。

 

やっぱり、店でも「くいだおれセット」を推しているみたいです。

 

ちなみに、モチチーズたこ焼きは、USJ限定。

他の店舗では、ない味なので、食べてみる価値はあるかもしれませんね。

 

たこ焼 5コ 400円

 

いちまろ
いちまろ

じゃあ、いちまろ夫婦は何を食べたかというと・・・

 

王道のたこ焼。

 

いや、くくるは、絶対王道でしょwww

 

いちまろ
いちまろ

モチチーズなんて俺からしたらあり得ない!!!

 

 

しみまろ
しみまろ

さっき、ワサビくってたやん。。

(引用:くくる公式サイト)

 

 

老舗の技術と、厳選した食材。

 

生地を流し、具材を入れたところから始まるリズム感。

長めの目打ちで手際よく返し、焼き加減には特にこだわりながら一気に焼き上げ、仕上げに白ワインをかければアルコールも飛んでまろやかな味の、風味豊かなたこ焼きが出来上がる。

(引用:TAKOPA くくる)

 

なんたって、くくるの魅力は

直径5cmの特大サイズ。

 

シティーウォークの中で、一番特大ですね。

特大かつ、たこ焼がぼてっと、ふんにゃりしている。

 

 

いちまろ
いちまろ

これが、「くくる」らしさなんですよ!!

 

中身を見ると、ほら!

だらしない感じで、生地がぐちゃっと出てくる!!

 

フルーティなオリジナルのソースとオリジナルマヨネーズ、そして鹿児島県産のかつお節。

 

くくるに関しては、ソースで濃厚に食べるのがまじで一番美味しいです。

しみまろ
しみまろ

私的には「くくる」は少し濃いんだよね・・・

いちまろ
いちまろ

確かに。濃い味付けが好きな人は、くくるがお勧めかもね!

結論。

くくるを食べるとやっぱり新幹線の気分。

大好きです、ほんと。

2位:甲賀流「これぞ王道の味」

第2位は「甲賀流」です。

とにかく、素材1品1品に対して、こだわりが感じられるのが、特徴。

 

勿論、全店舗「こだわり」はあるんですけ。

でも食べた時に、シンプルかつこの王道の味は、全ての素材にこだわっているから実現するんだろうな~と思うのが甲賀流のたこ焼。

味は色々あります。

基本的には分かりやすくて、下の7種類があって、それをハーフ&ハーフで食べたり、プレートで4種類ずつ食べたりするか、みたいな感じですね。

 

後、値段が比較的安め。

 

 

いちまろ
いちまろ

10個500円ですからね!!

 

くくるは、5個450円ですから、それを考えると圧倒的な安さ。

ちなみに、7種類って言うのは

  • ソースマヨ
  • しょうゆマヨ
  • しお
  • ネギソース
  • ねぎポン
  • ブラックペッパーソルト

の7種類です。

 

しょうゆマヨ 10個500円

甲賀流で食べてほしいのは

しょうゆマヨ。

 

月並みな言葉ですいません。

めっちゃうまい。

 

甲賀流は、網掛けマヨネーズの発祥の店。

特製のマヨネーズを使っており、卵の黄身だけを使用して酸味を押さえてるので、たこ焼とめっちゃ合う。

そしてこの醤油。

甲賀流といえばソースにマヨネーズというイメージが強いのですが、しょうゆマヨネーズはこれまた旨いです。

かつおをつけて丁寧に作り出された、こだわりの「土佐醤油」を使用しています。

引用:甲賀流 公式サイト

 

いちまろ夫婦ですが、単純に

ソースより醤油の方が好きかもw

 

しみまろ
しみまろ

醤油の味付けだと安心するんですよね。

 

 

いちまろ
いちまろ

しみまろは、薄味文化の関西人気質やね!!

 

 

ちなみに、マヨラーのいちまろからしても、言わせてください

醤油とマヨはめっちゃ合う。

サイズも、いわゆる普通サイズで、外はかりっと、中はとろっとしている、

まさにド直球。 

 

王道の味を食べたい方は、甲賀流で決まりでしょう。

1位「やまちゃん」:ミシュラン掲載・シティウォークで一番うまい。

第1位は…

やまちゃん!!!

 

正直、どのたこ焼屋も外れないんですけど、「やまちゃん」に関しては、なんか癖になる。

おかわりしたくなる。

 

そんなたこ焼なんですよね。

値段は高め。

勝負しに来てます。

 

単価は、1個100円なので、甲賀流の約2倍の価格設定で勝負してきています。

 

王道味付け 醤油マヨ 6個600円

ソースか醤油で迷った挙句、

醤油マヨ。

 

やっぱり、僕ら

しょうゆマヨ大好き。(2回目)

 

やや大きめのサイズで、形はややふんにゃり、

それでも、綺麗に並んでおり、見栄えが素敵。

 

例えばくくるのたこ焼は、ケースが大きすぎて、見栄え悪かったので、それに比べると断然素敵な見栄え。

やまちゃんの人気の秘密は、何といっても生地のおいしさ。

自慢の生地は毎朝4時から鶏ガラに玉ネギ・キャベツ・ニンジンなど季節によって種類を変える野菜と、パイナップル・リンゴなどの果物を10種以上合わせ、4時間煮込んで作るスープと、昆布とかつおで取った和だしをブレンドし、ここに粉を加えた風味豊かなもの。

特注の分厚い鉄板で、高温で時間をかけてじっくり焼かれ、外はカリッ、中はとろ~りっ。

具材はシンプルで主張しすぎず、ネギ、紅生姜、タコが一体に。味付けは、もちろん無地で食べるのがベスト、甘くてスパイシーなソース、だしの味が一層引き立つとろみのある醤油などもお好みでどうぞ。

引用:TAKOPA やまちゃん

 

生地が本当に、風味豊か、

これか。

 

これがリピートしたくなる旨さってことか!!!

後ね、一番最初に思った感想、

 

めっちゃ熱い!!!

熱すぎて食べれねぇ!!!

 

 

いちまろ
いちまろ

これが、特注の分厚い鉄板の威力!?

 

高温でじっくり焼いているので、少し置いておいても冷めづらいのかもしれませんね、

たまたま熱かったとは思えないんだよなぁ・・

 

なんたって、生地を破いたら、タコが物凄い勢いで飛び出してきましたからww

 

平成元年創業のやまちゃん。

大阪の中でも屈指の人気店たる理由は、一度食べてみたらわかりますね。

シティーウォークのたこやき【まとめ】

何度もいうけど

どのたこ焼も美味しいです、マジで。

 

家でタコパなんかするなら、ユニバーサルシティウォークのTAKOPAに来い!

 

3000円ちょっとで、おそらく全店舗食べられるはずなので、ぜひ6店舗食べ尽くして、皆さんのおすすめランキングをぜひ決めてみてくださいね。

 

月に1回は着たくなる場所ですね、TAKOPA。

本当に最高。

 

いちまろ夫婦

 

編集後記

実をいうと、ユニバーサルシティウォークのたこ焼記事って、大手のcastelさんのサイトがTOPに出るんですよ。

あれ、絶対実際に食べに行ってないし、写真も公式サイトから掲載してるし、本当何だかな…思うわけです。

 

大手だからって、ああいう記事がTOPにくるのって本当にユーザーさんにとってよくない。

なので今回個人ブログで、たこ焼記事をぶつけてみました。

どこまでGoogleに評価されるかは分かりませんが、読者さんがこの記事を見てめちゃめちゃ参考になるように、仕上げたつもりです。。。

 

ぜひ、ユニバーサルシティウォークの美味しいたこ焼、自分が気になるたこ焼を食べ比べしてみてくださいね!

 

いちまろ夫婦

タイトルとURLをコピーしました