チャンアンはツアー?個人?「ニンビン⇔ハノイ」の行き方解説!【完全版】

ハノイ

チャンアンはツアー?個人?「ニンビン⇔ハノイ」の行き方含め詳細解説!

いちまろ夫婦・夫のいちまろです!

 

  • チャンアン行くならツアーがいいの?個人手配?
  • チャンアンに行くにはどうしたらいいの?
  • そもそもチャンアンってどんな感じ?

 

 

この記事では、上記の質問に回答しつつ、ベトナム・ハノイの世界遺産「チャンアン」の魅力を大解説していきます。

ちなみに、私たち、月1バックパッカーいちまろ夫婦は、2019年2月にチャンアンに訪れております。

旅行記も書いているので、興味あるかたはぜひ参考にしてくださいね^^

しみまろ
しみまろ

チャンアンの部分は私が書きました!

【ハノイ旅行記】旧市街で3泊4日!ロンビエン橋やチャンアン・ハロン湾クルーズも!
【ハノイ旅行記1日目】日本出発&ハノイ到着!【ハノイ旅行記1日目】①関空からハノイ到着まで朝4:00起床。熊本旅行の寝坊以来、2人は寝坊恐怖症で、妻しみーがずっと起きてくれてました。ありがたい‥‥神降臨😿雨が降ってい

①チャンアンはツアーがいいか?個人がいいか?【結構ハードル高い】

ハノイからチャンアンに行きたい場合、

  • ツアーを利用するか
  • 個人で行くか

この2択ですよね。

 

結論ですが、

  • 安くいきたい
  • ハプニングも含めて旅を楽しみたい
  • バックパッカー気質

→こんな方は「個人」で行くのがお勧め。

 

逆に

  • 個人よりは高くても安心して行きたい
  • ぼったくりなどが絶対ないほうがいい
  • 個人で行くのは正直不安

→こんな方は、断然ツアーをお勧めします。

ツアーだったら、やはり安心の「VELTRA」が一番おすすめですね。

ホテルまで送迎してくれるので、余計なストレスがかかりません。

 

VELTRA公式サイト(チャンアン)

 

 

というのも、色んな所を旅してきましたがハノイの「チャンアン」に関しては、個人で行くのは、かなりハードルが高いと感じました。

 

理由としては

  • ハノイから電車で「ニンビン」という街に行かないといけない
  • 「ニンビン」からチャンアンまでの足を自分で準備しないといけない
  • ニンビン⇔チャンアン間ではボッタクリがめちゃめちゃ多い

 

この3つです。

個人での行き方は、下の段落で解説していきます。

②ハノイからチャンアンまでの行き方解説

ハノイ駅でチケットを買う

まずハノイ駅に行きます。

ちなみに、ハノイ駅にわたるための道路は、まじで交通量が多く、信号がないので、初心者には超絶ハードですwww

いちまろ
いちまろ

永遠に渡れないかと思った。

「チケットオフィス」を目指します。

暗い通りで、ちょっと怖かった…

お、チケット売り場発見。

ここに人がいたから、買おうとしたら「ここでは買えない!あっち行け!」っていわれたwww

何なんだよ!

カウンターに人はいるのに、ここでしか受け付けていなかった。

なんて自由な国だ、ハノイ。

日本だったら、瞬殺でゲストクレームだぞ。

とりあえず、チケットをゲット。

他の旅行記とかで「硬座はまじで座り心地が悪いから、軟座がお勧め」って書いてあったのを、強くインプットしていたいちまろ。

 

カウンターの人が「Sleeping?」といったので、

いちまろ
いちまろ

(リクライニングアリってことだよな?)

YES!!!!

と返したら‥‥

まさかの寝台だったwwwwwww

ガチの「Sleeping」かよwwwwww

 

受付では、

  • 行先(ニンビン)
  • 往復か片道か
  • どんな座席がいいか
  • パスポート預かりと、支払い(現金)

みたいな感じでした。

 

帰りの時間は、だいたい16:30頃のと、17:30頃のがあります。

私たちは余裕をもって17:30頃の電車にしました。

チケットを手にしていざ列車へ!

電光掲示板では、時間が案内されています。

私たちは、9:00発の電車。

非常に本数が少ないのでご注意ください。

朝一の電車もあるみたいですよ。

バーコードリーダーで読み取り、改札の中へ。

スタッフがこっちを見ていますが、その間に注目。

番号が書いてあるので、切符の番号と対応する列車に入りましょう。

私たちの部屋には、おばあちゃんが寝ておりました。

 

トイレは…想像ほど汚くはなかったですが、まぁあんまり行きたくはないですね。

なんだかんだで楽しんでおりました(笑)

2時間半くらいで、ニンビンに到着です。

このスタッフのおばさんが、よびにきてくれました。

優しいな。

観光客は皆ニンビンで降りるんでしょうね。

ニンビンからチャンアン【タクシーで行く】

ニンビンで降りると、すでに客引き待ち状態。

僕は決めていたのです。

400000VND(約2,000円)で往復してやると。

とりあえず、このおじさんが、マップを見せたり、すごいがっついてきたので、ついていく。

最初は400000VNDで往復OK,と言っていたのに、タクシーの場所まで着く(左に写る車)と、500000VNDと言ってきた始末。

これだから、信用できない…。

 

何とか値切り、往復400000VNDに成功。

あの黒い服のおっちゃんは、客引き担当で、ピンクのおっちゃんが、運転手。

ぼったくられないように、グーグルマップで確認。

ちゃんと、正しいルートで行ってくれました!

これには感謝!

そしてチャンアンの入り口近くまで送ってくれました。

まずは片道分200000VNDを支払う。

帰りもここにいるとのことだったので(ネットでも書いてあったので)、とくに何事もなく解散。

 

その後3時間半くらいチャンアンクルーズを楽しみます。

【帰り】チャンアンからニンビン【バイクでぼったくり】

帰りにトラブルが発生。

 

いちまろ
いちまろ

タクシーが見当たらない。

 

さっきの場所に、タクシーがいないのです。

15:00まで待って、もし来なかったら違う方法を考えようと、相談。

すると、バイクのおっちゃんが来て、客引きに。

 

2人で100000VND(約500円)でいいよ、っていうから、乗せてもらいました。

とてもやさしく、2人乗りで乗るバイクは、風がさわやか。

ちょっと怖かったですが、妻しみまろなんか優雅に、動画撮影までしながら、バイクに乗ってましたww

 

が。

 

途中で変な方向に曲がり、急停車。

さらに「追加100000VND払え」と言ってくるのです。

 

なので、

いちまろ
いちまろ

じゃあ、降ります。

ということで、徒歩で帰りましたwwww

だいたい、5.4kmくらい歩きましたね。

少し道も間違えたりしたので、だいたい90分くらい歩いたかな。

頼るはGoogleマップのみです。

とにかく、現地の田舎道をひたすら歩く。

こういうのも楽しいですよね。

しみまろ
しみまろ

正直私は体力の限界。。

いちまろくんすごすぎるわ…

いちまろ
いちまろ

しみまろ、よく頑張った。

ニンビンからハノイへ【帰りは3時間かかった】

帰りの電車は、なぜか、私たちの部屋で、電車のスタッフが睡眠していた。

しみまろ
しみまろ

あなたたち!

さぼってんじゃないわよ^^

お越しに来たスタッフさんが、さぼって寝ていたベッドのスーツを畳んでくれた。

そして、上のベッドのシーツと交換してくれましたww

 

まぁ…優しい対応か。(笑)

ありがとう。

帰りの列車は、行きよりも綺麗なタイプ。

しかも値段は130000VND(624円)となぜか、行きよりも安い。

 

爆睡した帰りでした。

③チャンアンの小舟ツアーにかかった料金

VELTRAでのツアーは、1人約8000円から。

 

個人手配は

  • ハノイ→ニンビン:電車(上ベッド197000VND・下ベッド213000VND)
  • ニンビン→チャンアン:タクシー(200000VND)
  • チャンアンクルーズ(200000VND×2)
  • チャンアン→ニンビン:バイク(100000VND)
  • ニンビン→ハノイ:電車(下ベッド137000VND×2)

 

2人で合計1,384,000VND、約6640円です。

値段は圧倒的に、個人手配の方が安い。

しかし、個人手配の場合は、先ほど紹介したような、トラブル・心配が発生する可能性があります。

それも思い出として残せる人は、個人手配で行けばいいでしょう。

それが嫌だなぁ~という方は、ツアーをお勧めします。

 

正直かなりしんどかったですwwww

旅の上級者以外は、個人手配はお勧めしません。

 

参考として、VELTRAの公式サイトを貼っておくので、VELTRAのツアーと比較しながら、ぜひそれぞれにあった旅をチョイスしてみてくださいね!^^

 

VELTRA公式サイト(チャンアン)

 

いちまろ

タイトルとURLをコピーしました