「SECRID」はミニマリストの財布に最適!1年間使ってみた詳細レビュー!

「SECRID」はミニマリストの財布に最適!1年間使ってみた詳細レビュー! ミニマリスト

ミニマリスト×SECRID

いちまろ夫婦・夫のいちまろです!

 

2009年に発売されて瞬く間に世界中で爆発的に売れている「SECRID」
その詳細レビューを書いていきます。

 

まず初めに余談ですが・・・・
今「ミニマリスト」という言葉が流行っています。


モノを少なくすることで、より豊かな生活を送る人たちのことですよね。

ここでは、ミニマリストに関しての説明の詳細は省きますが、

例えば、

ミニマリストしぶさんの、
手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

であったり、

佐々木典士さんの
 ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ

あたりは、非常に有名で、必読の本です。

 

そんなミニマリストの方や、モノを少なくしたい方にとって、大切な考え方が「キャッシュレス」ということです。

【参考記事:キャッシュレスが進む。1円と5円玉は全て募金する。

 

キャッシュレスを劇的に進めていく財布として、僕が心からお勧めしているのが「SECRID」というオランダ製の財布なのです。

それでは、SECRIDに関して詳細を書いていきます^^

SECRID(セクリッド)とは?

f:id:ichimaro10:20181112135624p:plain

SECRID(セクリッド)とは、
「スキミング防止のカードケース」とお札をとめる「マネークリップ」が一体となった財布のことです。(マネークリップがないタイプもあります)

今、ミニマリストや、財布を小さくしたい人の間で超話題の財布です。

僕はこの財布を1年前から使用していますが、もう手放せません。

SECRIDは本場オランダ生まれ

SECRIDは、2009年発売以来、爆発的に世界中で人気が出ているオランダ製のカードケース。

ドイツでもデザイン性が認められ、Red Dot Design Awardを受賞している(ゴリゴリ権威ある賞です)など、世界でも愛されている、正真正銘、「大人の財布」なのです。

SECRID ~MINI WALLET~の基本機能

f:id:ichimaro10:20181112140458p:plain

それでは、SECRIDの基本機能をご紹介いたします。ここでは、僕が愛用している「SECRID MINI WALLET」で機能を紹介していきます。

①SECRIDの外観&皮

まず外観ですが、上の通り、手のひらサイズに収まるサイズです。

厚さは親指の爪くらい。

ここはお札やカードを少なくするほど、薄くなります。

 

カバーの皮は「フルグレインレザー」を使用。

フルグレインレザーとは、本革の中でも、最も高級な皮と言われ、天然の皮を極力加工していない、いわば「ありのままの皮」です。

風味・色合いが年を重ねるごとに、味が出てくる最高の皮で、高級ブランド品などによく使用されています。

f:id:ichimaro10:20181112141323p:plain

SECRIDの裏側はこんな感じです。

シンプルなデザインが本当に美しい。

皮の刺繍も丁寧にされており、1年使用してみて、ほつれが出た部分は一つもありません。

まさに、ものを大切にしたい人、長年財布を大切にしたい人にとっては嬉しい部分です。

②SECRIDはカードケース型

f:id:ichimaro10:20181112140435p:plain

ワンタッチで飛び出る

SECRIDのメイン機能と言えば、「一発で飛び出るカードケース」

財布を開けることなく、レバー一つで、必要なカードが、整列されて飛び出してくるのです。

 

これが非常に便利。

ミニマリストやキャッシュレスを進めている方は、基本支払いはクレジットカードですよね。

SECRIDなら必要なカードを、必要な時に瞬時に出すことができます。

僕も、これを使っていると、「すげー!カッコイイー!」とよく言われます。

 

いや、知ってます。

 

使っている自分がめちゃめちゃ知っています。
本当に便利で、本当にスタイリッシュなのです

 

これは特許を取得している技術で、カードはMAXで5枚くらい入りますよ。

スキミング防止

しかもSECRIDのカードケースは「スキミング防止」機能がついています。

 

というのも、元々SECRIDは、ICチップの破損や、スキミングリスクに対応する為に、オランダで開発されたんですね。

 

言われてみれば、僕もクレジットカードのICチップのすり減りが圧倒的に減りました。

勿論、クレジットカードは無料で交換してくれる会社が多いですが、やはり手続きはめんどくさい。

有効期限まで、ICチップの破損無しで使いたいものですから、これにはだいぶ助かっています。

③SECRIDの中身

f:id:ichimaro10:20181112142449p:plain

SECRIDを開けると、カードポケットが2カ所あります。

それぞれ2枚ずつが限度ですかね。

 

あまり詰め込んでも、それはそれでSECRIDを使う意味がなくなってきちゃうので。

 

僕は、

  • カードケース:クレジットカード・ATMのカード 計4枚
  • 右ポケット:運転免許証・名刺
  • 左ポケット:保険証

みたいな感じで収納しています。

f:id:ichimaro10:20181112143150p:plain

マネークリップを開けるとこんな感じです。

二つ折りにしてお札を入れるタイプですね。

お札は大体5枚くらいがちょうどいいかな~という印象です。

1万円を崩しちゃったときとかは、アウチ!ってなります(笑)すこし分厚くなってしまうんです。

 

また、どうしても折り目がついてしまうのはデメリットです。

しかし、これはミニマリストの財布はほとんどそうだと思います。

 

そもそも「現金」を極力使わない、ってのがミニマリストの考え方ですからね。

折り目がつくのが嫌な方は、昔通り長財布を使っていればいいでしょう。

 

なので、そこは僕にとっては全く問題なし。

これを読んでくれている皆さんも、おそらく問題ないでしょう。

f:id:ichimaro10:20181112143555p:plain

カードケースは実はこんな感じになっています。

シルバーで、スキミング防止なだけあって、やはり頑丈です。

 

なのにめちゃめちゃ軽いんですよ。

水も余裕ではじきます。

オランダは、プロダクトに関して、品質、動作条件、環境面への配慮がすごく厳しく規制されています。

その検査を経て、生産されているオランダ産の商品は、やはり品質がものすごく高いのです。

SECRIDが、世界的に広まっているのも、今現在も設計から製造まで全ての行程をオランダのみで行っていることに、理由があるでしょう。

世界が、どんどんキャッシュレス化・電子マネー化が進む中で、SECRIDは新世代の財布として、これからもっと広まっていくこと間違いなしの財布ですね。

 2000円で買えてしまうSECRID類似品との比較

実はSECRIDを真似して、類似品がたくさん出ています。

類似品は、値段がやはりSECRIDよりも安いです。

個人的には、SECRIDがホンモノなのでお勧めしますが、どうしても財布に10000円は出せない、って方は、類似品も検討の余地はあります。

①zepirion

「zepirion」は、SECRIDの、ケースだけバージョン、みたいなイメージです。

値段もSECRIDと比べると破格の安さ。

 

  • 磁気不良防止
  • スキミング防止
  • ワンタッチでカード飛び出し

など、SECRIDのカードケースが持っている基本機能に関しては、マルチ装備しています。

ただ、カバーがないので、裏面にマネークリップがついているので、お札はむき出し、って感じです。

もはや「カバーすらいらない!」という方には、逆にお勧めかもしれません。

 

 

写真の通り、カラーバリエーションもかなり豊富です。

【参考リンク:zepirion 詳細

②Valueble Mart

「Valueble Mart」は、Amazonレビューで★4.7という超絶高評価を受けている、類似品。

先ほどのカードケースタイプとは違い、カバーもついています。

  • 磁気不良防止
  • スキミング防止
  • ワンタッチでカード飛び出し
  • お札が横入れで入る

という装備です。

書いた通り、「Valueble Mart」は、お札が横入れで入ります。

つまり、折り畳み財布みたいなイメージです。
マネークリップが苦手な人には、けっこうありがたい機能ですね。

中身の構造などは、Valueble Martに掲載してますのでご確認ください。

【参考リンク:Valueble Mart 詳細

③star japon

「star japon」は、まじでSECRID~MINI WALLET~と、外観同じです。

 

  • 磁気不良防止
  • スキミング防止
  • ワンタッチでカード飛び出し
  • 皮が、色によってはクレイジーホースレザー加工(SECRIDの方が上質)

 

と、違う部分は皮の加工の仕方。

これに関してはSECRIDの方が、より手間がかかっているので、SECRIDの方が勝利。

star japonは加工牛革で、若干ダメージがつきやすい「クレイジーホースレザー加工」を施しています。

なので、手入れが必要になってくるんですよね。(レッド、グリーン、ブラウンのみ)。

逆に、黒とキャメルはもう少し安い皮が使われているそう。

【参考記事:star japon 詳細

結論:ホンモノはやっぱりSECRID

2000円前後でSECRIDのような財布が買えてしまうのは確かに魅力的です。

 

しかし、価格を落としている分、皮が安かったり、見た目が少しちゃちく見えてしまうのは否めません。

 

正直、僕は類似品を使ったことがないので、SECRIDほど良しあしがわかりません。

そこはすみませんが、ご自身でSECRIDのショップを見つつ、気になった類似品を比較してみてください。

【参考リンク:SECRID ショップ

 

ただ、客観的にこれだけは言えます。

  • SECRIDの品質は間違いない
  • SECRIDは革も脆くなく、糸も簡単にはほつれない
  • SECRIDはAmazonが一番安く買える(安いもので10,000円を切る
  • AmazonのSECRIDのページには細かい宣伝文がない(逆に類似品はショップ側も売りたいため、商品説明が詳細にかかれている)

 

やっぱり、売れるもの、ホンモノは説明不要なんですよね。

SECRIDには、こんな感じでカラバリもかたくさんあり、わいくておしゃれ
大人な財布・シンプルなSECRIDを持って、スタイリッシュに生きていましょう。

 

僕もSECRIDを使って2019年で1年たちます。

5年・10年と長く大切に使っていきたいですね。

 

いちまろ

コメント

タイトルとURLをコピーしました