【痴漢・ヤンキー対策】簡単に使える護身用グッズ4選 | 無料で学ぶ護身術も!

【ヤンキー・痴漢対策】簡単に使える護身用グッズ4選【いざという時に持っておきたい】 生活を変えるモノ

【痴漢・ヤンキー対策】簡単に使える護身用グッズ4選【いざという時に持っておきたい】

【ヤンキー・痴漢対策】簡単に使える護身用グッズ5選【いざという時に持っておきたい】

サラリーマンブロガー、いちまろ夫婦・夫いちまろです。

 

・ヤンキーに絡まれた際に使える護身用グッズはない?

・痴漢・ストーカー対策の護身用グッズは?

・簡単に使える?

 

この記事では、簡単に使える護身用グッズ5選を紹介していきながら、これらの回答をしていきます。

そもそもこの記事を書いたきっかけは、こちら。

ヤンキーに絡まれたらどうしたらいいのかの考察。
ヤンキーに絡まれたらどうしたらいいのかの考察。 非暴力不服従ブロガー、いちまろです! この前、初めてヤンキー、というかガラの悪い兄ちゃんに割とがちで絡まれました! しかも場所はUSJのお土産屋さんw 人だらけ...

急にガラの悪い奴に絡まれて、その時どうしたらよかったのかな~と思ったわけです。

また、ニュースを見てても痴漢の話題は止まないし、結局自分の身は自分で守らないといけないんだなぁ…と感じたんですよね。

 

いちまろ
いちまろ

もし将来自分に子ども(特に娘…)ができたら、護身用グッズは持たせたくなってしまうかも。

 

勿論幸い、自分は痴漢にあったこともないし、ひどい暴力を受けたこともありません。

なので実体験を基にしたリアルさでは語れませんが、その中でもこれは有事の際、あったら便利…というか、あったら自分を守ってくれるのでは?というものを、ここでまとめていきます!

①催眠スプレー

世界No.1シェアの、mace製の催眠スプレー。

痴漢・ストーカーの被害にあっている方が、よく持っているみたいです。

警察からもこのような携帯型の催眠スプレーを勧められることも多いです。

 

以下、Amazonの購入者レビューより引用です。

防犯上、必要があって購入を検討した。数ある催涙スプレーの中で迷ったが、これを購入できてよかったと満足している。とっさに身を守る時に、暗闇でも手探りで瞬時にスタンバイができ、噴射ができる。
これは緊急時には非常に重要なことだと思う。

しかも一連の動作を片手で容易に行うことができる。これもまた重要なことで、もう一方の手が空くことで防御ができるので、助かる可能性が高くなる。誤噴射防止のフリップ(特許)は親指で簡単に開けられるし、残り4本の指で掴むグリップも手探りで分かりやすく、握りやすい。相手が怯んだ隙に、110番通報や警備会社の非常ボタンを押す時間が作れることは心強い。

トリプルアクションとは何ぞや?と調べてみたら、OCガスとCNガスの溶剤に、犯人識別用塗料(UV-DYE)を加えた無色透明の溶剤のことらしい(万が一の時にもオレンジ色だと後始末が大変なので、無色透明がよい)。

これに紫外線ライトを当てると犯人である証拠の跡が確認でき、それは何度か洗濯しても落ちないとのこと。

ちなみに腕をまっすぐに伸ばして親指で思い切り強くプッシュするのがよいらしく、約5秒間ほど噴射できる。
(噴射はしないものの)形だけ何度か練習してみたところ簡単で、軽くて使い勝手がよいと思う。4mほど一直線に飛んで拡散しないので、相手との距離があっても対応可能なのが嬉しい。(もし顔の辺りにいかなくても、毛穴から吸収されて痛みが出るらしい。)

万が一の時に身を守り、犯人の痕跡を残したいとの思いがあった。もちろん使用の必要のないことが一番だと願うが、(特に女性は力では圧倒的に不利なことから)緊急時に非常に心丈夫だと安心感があることも事実である。

どうしても必要のある方は、正しい使用方法を遵守して、備えるのもひとつの手段であるかもしれない。

 

しみまろ
しみまろ

催眠スプレーなんて本当にあるんだね。。

いちまろ
いちまろ

うん…自分も知らなかった。

しかも結構購入されていることも驚き。

 

他にも、Amazonに催眠スプレーのレビュー詳細が載っているので、気になる方は1度試してみてもいいかもしれません。

むろん、催眠スプレーを使うような事態がないことを願いたいですが。。

②スミス&ウエッソン M&Pタクティカルペン

 

アメリカの銃器メーカー、スミス&ウエッソンの「クボタン」としても使えるアルミニウム製のタクティカルペンです。

クボタンとは、護身用グッズのことで、在米日本人・空手家(国際空手道剛速流宗家)の窪田孝行(くぼた たかゆき)が考案した護身用具。

要は、ボールペンとみせかけて、めちゃめちゃ硬くて強いペンです。

ここまで本格的に学ぶ必要もないですが、有事の際ボールペンとみせかけて、自衛することができます。

段ボール3枚重ねたものを普通に貫通させるだけの威力があります。

 

しみまろ
しみまろ

レンガにさすと少しペン先が曲がるってレビューに書いてあったね!

いちまろ
いちまろ

レンガ以上に硬い人間はいないから、大丈夫だね・・(笑)

 

以下Amazonレビューからの引用です。

私がこのボールペンで一番気に入ってるところは落とした時の音です。

「ゴトッ・・・。」

まるで指先一つで人を殺せる鉄の塊を落としたような音がします。
書き味は芯によりますが書き心地は重量もあいまって書きやすいです。
最初の内は蓋がちょっと固いですが毎日開け閉めしているとだんだんと外れやすくなります、かといってちょっとした拍子に外れるなんて事はありません、ちょうどよくしっかりとしています。

一つだけ欠点を上げるとしたらクリップの部分が金属製で、例えばポケットに引っ掛けておくと金属部分のでっぱりが露出します。
車のよこをすり抜けるときに接触する危険があり、丸くなってるとはいえまず間違いなくキズができます。
気をつけてください。

とにかく威力がすごいです。

街で普通に持ち歩くと、警察に捕まることもあるので、あくまで見えないところで護身用として持っておくのがいいでしょう。

③護身用懐中電灯

 

12000ルーメンという、ものすごい明るさを放つ護身用懐中電灯です。

「目くらまし」をさせるための護身用道具ですね。

といいつつ、護身用だけでなく、キャンプや災害時にも使えるので、一つあると便利かもしれませんね。

USBで充電できて、乾電池いらずなのもありがたいです。

先ほどのタクティカルペン同様、ガラスも割れる強度があるのもポイントです。

 

しみまろ
しみまろ

手のひらサイズだから、鍵とかと一緒に付けておけるね!

いちまろ
いちまろ

普通に夜道でも照らすのに使えるし、護身としての明るさもある↓で便利だね!

 

以下Amazonレビューの引用です。

暗いところでも明るくてらせるのは最高ですね。
作りも堅牢で安心感があります。

頑丈な筐体、完全防水、充電のしやすさ、
SOSや点滅信号の発信等々明るいし、範囲も広く、かなり使いやすいと思います。
携帯用には良いかなと思います。

他のレビューを見ている感じだと、やはり災害用・夜の散歩用、などに買っている人が多いみたいですね。

④合気道・護身術【力の弱い人でも可能】

最後はグッズじゃないのですが「護身術」を覚えておく、ということです。

合気道のエッセンスから護身術を学ぶと、力のない人でも簡単に使えます。

 

しかも、この護身術は無料で学ぶことができます。

こちらは、Amazonレビューで★4.4を取る、護身術本の中でもかなり高品質な本。

KindleUnlimitedに入っているので、無料で読むことができるんです。

 

というか、KindleUnlimited自体も、30日間無料体験ができるので、サクッと登録して、読んで、護身術を学び練習し、その後必要なければ30日以内に解約すればOKです。

 

特に、第5章の「ケース別護身術」は、非常に実践的でいざという時にかなり役たちます。

  • 手首をつかまれたとき
  • 相手が前から素手で襲ってきたとき
  • 後ろから抱きつかれたとき
  • 後ろから首をしめられたとき
  • カバンを盗られそうになったとき
  • 相手が武器をもっているとき
  • 暴力などの被害について

本文目次より抜粋)

 

まずはステキで分かりやすい本をありがとうございます!
1番感じたのは、一日体験ですごい技ができるようになると思い込んでいる人が大半という部分や、少し覚えたら全てを分かったつもりになり、自分の力を過信してしまう。

実践でも通用すると思ってしまう。
それは危険だということ、なぜなのか分かりやすくまた面白く書かれていました。

図解もすごく分かりやすく、文字で体験している気分になりました。

物への意識が変わりました!どうもありがとうございます。

Amazonレビューより引用

備えあれば患いなしということで、ぜひ一度読んでおくことをお勧めします。

KindleUnlimited公式サイト

KindleUnlimited無料体験ページ

護身用グッズまとめ

ヤンキーに絡まれたことで、24年間で初めて「護身用グッズ」を調べよう!と思えました。

この記事が必要な方に届くことを祈っております。

  1. ①催眠スプレー
  2. ②スミス&ウエッソン M&Pタクティカルペン
  3. ③護身用懐中電灯
  4. ④合気道・護身術【力の弱い人でも可能】
    →(KindleUnlimited公式サイト

 

いちまろ

タイトルとURLをコピーしました