独り言

レスが速い人は多分ハイボールのように美味しいんだ

レスが速い人と遅い人の決定的な違い

 

仕事終わりに、ソーダ―メーカーでハイボールを作りながら、ゆらりと執筆してます。

いちまろです。

いや~ハイボールまじでうまいな。

 

今日はコラム的な感じで、ゆらりと書いていきます。

だから、あんま纏まっていない文が続きますよ、ええ。

 

 

さっき、りおと関西飲みの連絡をしてて、

まぁ~返事が速くて。

ポン、ポンポン、ポン!と流れていくんですよね。

で、さくっと会話がまとまっておしまい!

 

みたいなね。

 

これ分かりますかね、気持ちいいんですよね。

 

 

ちなみに、このテーマは

返事の遅いやつは悪い、とかいう話では全くなく、寧ろ逆で、

私の経験的に

 

返事速い人に、仕事できない人、あんまいない。

ってことなんですよ。

 

ただ、

レス遅い→仕事できない

ではないんですよね。これが味噌でして。

 

 

つまり、この4つのどれかだ。

 

  1. レス速い→仕事できる
  2. レス遅い→仕事できる・仕事できない
  3. 仕事できる→レス速い・レス遅い
  4. 仕事できない→レス遅い

 

 

 

んんn

書いてたら、④「仕事できないやつは、レス遅い」になってしまった。

そんなこともなきにしもなくない気がしますけどね。

 

何回もいうぞ。

レス遅い=仕事できないではないぞ。

寝かすことも大事だ。

 

 

ただまぁでも一番はやっぱ

「レス速い仕事できる」なのだよ。

 

 

地元でいえば多田はレス速いね。

高校でいえば、この前連絡とった小森谷は早かったわ。そーいえばさっきの武藤の返事も早かったわ

大学だと、島田君と小結・くのはるかは早いね。あと、ピクミンとくのいちも割と早いね。

あと、現役時代の栗原は早かったね。

あと、PCでLINEしてるときの大舘さまも早いね。

 

 

 

ね、不思議と仕事できる(できそうな)人、集まってるんですよ。

 

 

 

そんでもって、今の会社、ベンチャーにいるんですけど

私人生の中で、多分、一番に早い、鬼早い、みんな。

通知きて、秒でやりとりしてて、ホントに笑う(笑)

 

 

まぁ、メッセージインフラがチャットワークだから、ってこともあるんだろうけど、なんかやっぱ習慣として根付いているんでしょうね。

 

 

ユニバーサルなんかは逆に、大企業ということもあって、超メール文化×長文文化だったかから、その中で育った自分にはホントスピード感が驚きでしたね。

まぁ、依頼タスク・他部署との連携が鬼多いのと、機密事項を扱う性質もあるから、メールが適しているというのもあるんでしょう。

 

2社目のトリドールは、日系大手にもかかわらず、自社チャットを導入していて、機動力高めでした。

ここは結構びっくりしたなー。

 

 

 

話それてしまった。

結局何がいいたいかと言うと。

 

 

 

 

 

 

 

即れスとハイボールは、うまい。

をはり。