買取をブックオフで行う前に知るべき4つのデメリット【代わりの候補2つも紹介】

生活を変えるモノ

買取をブックオフで行う前に知るべき4つのデメリット【代替候補有】

いちまろ夫婦・夫のいちまろです!

 

  • ブックオフで買取をお願いしようと思ってた!
  • ブックオフのデメリットってあるの?
  • もっと楽に&高く査定してくれるところってある?

 

この記事では、上記の質問に回答しつつ、ブックオフで買取を行う際のデメリットを4選紹介していきます。

その後に、古本・漫画や、CD・DVDを売るなら、ブックオフではない代わりの候補を2つ紹介します。

 

具体的には

メルカリ

ブックサプライ

この2つです。

 

そしてまず、結論から言いますと、買取をブックオフで行うのはお勧めしません。

ブックオフでの買取デメリット①価格が低すぎる

まず一つ目のデメリットは、買取価格が低すぎる、ということです。

知っている方も多いと思いますが、ブックオフで買取をお願いすると、本当に雀の涙みたいな、超少額にしかなりません。

 

僕は地元神奈川県のブックオフ、大学時代一人暮らしをしていた早稲田のブックオフ、そして社会人となり大阪に住んで使った、大阪市内のブックオフ。

かれこれ3店以上で、買取をお願いしたことがあります。

 

結果、ほぼ10円です。

ワンピースの新しめの本は、たまに100円で買い取ってくれたりもしますが、それくらい価値がないと、まじで小学生のお小遣いレベルにしかなりません。

早稲田で漫画20冊くらい売った時も、コンビニのおにぎり2個分にしかならなく、まじかよ・・・・と思ったのを強く覚えています。

 

もっと高く売れる業者、メディアがあるので、そっちを利用すべきなのです。

しかし、情弱な僕はブックオフ以外の選択肢を知らなかったのでした。

 

トホホ・・・

ブックオフでの買取デメリット②買い取ってくれない商品もある

2個めの理由は、「買い取ってくれない商品もある」ということです。

これ、意外と盲点です。

 

僕たち消費者は、「これなら綺麗だし売れるでしょ~」と思っていた本、漫画。

買い取ってくれない場合も結構あるんです。

漫画「べしゃりくらし」を買い取ってくれなかった時には、まじで、発狂するかと思いました。

 

で、買い取ってくれなかった場合、こういわれるんです。

 

処分しますか?持ち帰りになられますか??

 

いや~これほど切ないことはないっすよ。

つまり、買い取れない=ゴミってことですね。

 

ゴミ。

 

こっちは愛着持っていたのに、やっぱりそういわれるのは悲しいですよね。

 

ブックオフは、「綺麗・汚い」とかではなく、店内需要があるかどうかでも買取を決めているので、気を付けましょう。

ブックオフでの買取デメリット③時間がかかる

これは、各店舗によりますが、査定に時間がかかります。

特に、大型店舗の場合だと30分以上待たされる場合があるので注意しましょう。

 

僕もサクッとブックオフに行って、買い取ってもらおう~と思ったら、番号札渡されて35分くらい待ったことが一度ありましたね。

ほかの方の査定まちです。

 

一番早くて10分くらいでしたかね。

ここも盲点なので、一応知っておきましょう。

ブックオフでの買取デメリット④持ち運びが面倒くさい

最後のデメリットは、「持ち運びが面倒くさい」ということです。

 

  • 家からブックオフが近い場合
  • 買い取ってもらうものが少ない・軽い場合

 

これらの時は、あまりデメリットには感じません。

 

しかし、本とかを大量に売る場合は、まぁ持ち運びが面倒くさいです。

単純に重いですしね。

場合によっては車が必要になる場合もあるでしょう。

 

できれば、買い取りに来てもらった方が、圧倒的に楽です。

買取代替候補①メルカリ

メルカリ公式サイトより引用)

 

ブックオフの代わりとしてお勧めなのは、まずはやっぱりメルカリ。

 

メルカリ公式サイトへ

 

さすがに、メルカリを知らない人はいないでしょう。

 

メルカリの圧倒的なメリットは、「高く売れる」ということです。

ブックオフでは10円でしか売れなかった本、漫画が、100円、200円と10倍以上で売れることもざらです。

 

僕の例だと…

 

 

例えば、ブログの本も600円で売れましたね。

ブックオフだったら、せいぜい50円~100円でしょう。

 

 

HTMLの本なんて、1830円で売れました。

これもブックオフで売ったら100円~、せいぜい200円くらいじゃないですかね。

 

このように高く売りたいものがある場合は、メルカリを利用するといいです。

 

ただし

  • 早く現金化したい
  • まとめて本や、漫画を売りたい

 

こういった場合には、メルカリは少し相性が悪いです。

そういう際は、ブックオフを使うか、もしくは「ブックサプライ」がお勧め。

買取代替候補②ブックサプライ

ブックサプライ公式サイトより引用)

 

個人的に、買取で一番おすすめなのは「ブックサプライ」ですね。

 

ブックサプライ公式サイトへ

 

簡単にいうと

売りたいものを段ボールに詰めて、宅配業者に取りに来てもらい、それでおしまい。

査定から申し込みまで2営業日という迅速さも神。

 

  • 配送料も10点以上で無料、段ボールも無料お届け
  • WEB上でバーコード入力すれば査定額が一発で出る(値段が事前に分かる)
  • 万が一のキャンセル料も無料

 

という、破格のサービスです。

 

ブックサプライ公式サイトより引用)

 

個人的には、「売りたいものを全て」詰めて売れるのが気に入っております。

断捨離が圧倒的に進むので、超効率的です。

 

売りたいもの全て、って何?という感じですが、具体的には

 

ブックサプライ公式サイトより引用)

 

この中の商品だったら、基本全てOKです。

(当たり前ですが、傷がひどいものだったり、書き込みがたくさんあるものは、売れませんよ)

 

ネットサーフィンする中で、この「ブックサプライ」を知ったので、次回使ってみようと思います。

 

…というか、公式サイトみたら、既に150万件以上の買取があるみたいで、どんだけ自分情弱なんだろう…と反省する日々です😓

メルカリ並みにどんどん知名度が上がっていくでしょうね。

 

と、いうことでブックオフでの買取を考えてた方は、メルカリか、ブックサプライの方が、賢いのでどちらかを使いましょう。

詳しいサービスに関しては、各公式サイトにてご確認ください。

 

メルカリ公式サイト

ブックサプライ公式サイト

 

いちまろ

タイトルとURLをコピーしました