昼寝は科学的に超推奨・集中力も上がりメリットしかない

ヘルスマネジメント

f:id:ichimaro10:20181013195156p:plain

いちまろ夫婦・夫のいちまろです!

妻がAmazonPrimeに入っていて、自分もその恩恵を受けています。
本が読み放題になるんですよ!>>>KindleUnlimited公式サイト

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

 

そこで読んだ本がこちら。

僕、一応理系なので、科学的なエビデンスがあるものが大好きなんですよ。
日々頭のいい人たちが、研究して様々なことを解明してくれてます。
それを知識として吸収して、実際の生活に移す。
なので、この手の本が非常に好き。

この本も、仕事がひと段落した際にサクッと流し読みしてます。

こちらの記事で紹介している、「残酷な成功法則」もめちゃめちゃお勧めの本です。こちらは、 KindleUnlimitedにはなかったはずなので、購入するしかないんですけどね・・

昼寝は科学的に大切

f:id:ichimaro10:20181013195931p:plain

さて本題。

この本では、「昼寝をすると能力が30%向上する」と書かれています。
ちなみにエビデンス(根拠)は、NASAの研究です。

お昼にウトウトしてしまう現象に関して、筆者はこんな風に書いております。

  あれは「瞬間 睡眠」あるいは「マイクロスリープ」と呼ばれており、 実はこれが人間の脳にとって非常に重要なこと だとわかってきました。

あの カク ンとなる瞬間に、脳 内で何が起こっ いるのかをまず説明しましょう。
言語、 記憶、 思考 などの 人間らしい 行動を司っているのが脳 の「 大脳皮質」という部分。
ここが疲れて働きが落ち てくると、いわゆる眠くなるという状態になり ます。

この働きをリフレッシュ するために、瞬間的に眠らせて、脳 を休ま せよ う と する 身体 の 作用 が、 あの カクン の 正体 なの です。

いわば、 オーバーヒート しかけ て いる 脳 を クール ダウン さ せ て くれ て いる わけ です。 そうする ことで、セロトニンと ドーパミンの分泌を 正常 の レベルに戻そうとしているのです。

昼寝 は 甘え だ、という 声もあるかもしれ ませ ん が 脳 をリセット し、 より高いパフォーマンスに戻すには必要な行為なのです。

NASA( 米 航空宇宙局)もこの 研究を進め て おり、 ローズカインド らの研究による と、 パイロットたちにコックピットで平均 26 分間の仮眠 を取らせたところ、彼らの能力が睡眠前比べ 34% も 向上したと言います。

堀田秀吾. 科学的に元気になる方法集めました (Kindle の位置No.573-583). 文響社. Kindle 版.

つまり、眠い時には寝てあげた方がいいということなんですね。

自分は最近簡単に食事をすませて、また仕事に戻る・・・
ということが多かったので、せめて、机に突っ伏す時間を設けてあげてもいいなと思いました。そうすることで、科学的に元気になれるし、能力(…というよりも恐らく集中力のたぐいだと思いますが)もUPするわけですからね。

家で、ブログとか書いているときもそうですね。
やっぱり集中力が続かなくなる時間は来ますし、眠くなります。
そういった際は、きっぱりと寝る時間を作ってあげる方がいい。

そのような気付きがありました。
まぁそもそも実感として、昼寝したら元気になりますもんね笑

要はそういうことです。
それは科学的にも証明されているんだよ~ということなんです。

ちなみに厚生労働省も睡眠を推奨していますしね。

積極的に昼寝していきます!!

いちまろ

コメント