気分が乗らない時の解決法を考える。。

f:id:ichimaro10:20180319131445j:plain

いちまろです!

 

(追記:すいません、今日は気ままに書きます、後で見返したらすごいシュールな構成やった・・) 

 

ちょっと最近、仕事に追われて中々記事を書けません。

というか、記事を書くことに時間がかかる。。

というか、思いつかない。

思いついても、いい文章を書こうとして、そして何か検索結果に上るような有益な情報じゃないとだめじゃないか、と思い、ペンが進まない。

ペンというか、キーボードだけど。

 

別に義務で始めたことではないけれど、こう「書こう!」という調子がなかなか乗ってこない・・。

 

これが100記事書き終わった時の一種の脱力感なのでしょうか。(笑)

 

でも、「書きたいと思えない」というときにも、書くことを辞めてはいけない。

うまく習慣化できつつあることだから。

「書く」ことが何か「生きる」ことに繋がっていると思うから。

 

なので、こうあんまり気分が乗らない時は、そのことを書けばいいんじゃないかな。

ということで、思いついたことをどんどん書いている次第です。

こう今、タイピングしている中で、どんどん、書こうと意欲がわかない事に関しての書きたい欲があふれ出てきている。

こうなったらとまらない!

 

これいいですね。

 

何かやりたくないもの。気分が乗らないもの。

仕事であったり、スポーツであったり、勉強であったり。

 

まぁ何でもいいんですが。

 

僕らは、基本気分が先行しがちです。

気分がいいから何か行動ができる。笑う、楽しむことができる。
気分が乗らないから、だらだらする。ネガティブになる。イライラする。

 

この「気分」が何からきているかはわからないんです。
人によっても違うから。

天気であったり、誰かに怒られたり、頑張ってることに対しての報酬が得られない時であったり、シンプルに体調の問題であったり。。。

 

でも、こんなどこから来るかもわからん「気分」に左右されて、自分の生活まで影響を与えるのってなんか悔しいですよね。

 

だから、僕はこう思うんです。

 

気分先行じゃなくて、行動先行。

 

行動すれば、気分も変わるいうこと。

よく言われる、

「楽しいから笑うんじゃない。笑うから楽しいんだ」
まさしくこれです。

 

現に僕は、1行目の「いちまろです!」の時、何書こうか分からなすぎて すごいテンション低かったです。

3つくらいのトピックに関して書こうとしたけど、全消ししました。

 

ところがどっこい、今この文章、そうたった今書いているこの辺りから、僕はなんかテンションが高くなってきています、

 

「書くことが思いつかない」ことを書いているだけで、もう1000文字。
気分が乗らないからこそ書いてみた。そしたらだんだん気分が乗ってきた。

 

これって最高ですよ。
この考え方ってめっちゃよい。

 

何かしたくない時は、何か簡単にできるものをこなしてください。
それをクリアさせることで、自分の脳に「喜び」の体験を与えてあげる。

そうすると気分が乗ってきます。

 

勉強を始めるときは、いきなり難しい問題じゃなく、簡単な計算問題からやれ!と言われることと同じ。

猫背でいると気分が後ろ向きになりますが、姿勢を正せば心なしか気分もシャキッとする。

 

気分が乗らなかったらまず動く。

行動先行。行動先行。

 

書きながら、この前買った「モチベーション大百科」のことを思い出し、関連しながら書いた記事でした。

 

人って不思議だなぁ!

 

コメント