OB訪問は必須じゃない。行くならココを活かせ!!

就活塾

 

テーマパークブロガーいちまろです!

最近OB訪問をよくされるので、OB訪問に関しての僕の考えを書きたいと思います。

OB訪問って必要?

就活あるある質問ですね。

この質問に対しての僕の見解

「やらなくても受かるが、やっといたことに越したことはない」

です。

就活にインターンは不要。その3つの理由

この記事でも書きましたが、僕は就活の為に大学生活をSTOPさせるのは非常にもったいないと思います。

好きなこと(学業なりバイトなり、サークルなりなんでもいいが)をやりつつ、就活も並行させるのが、スマートだと思っているのです。
僕はその考えから、就活と教育実習、卒業研究、舞台演出、バイトを同時並行バリバリ楽しんでました。

この考えのもとに

  1. 僕がOB訪問をあまりしなかった理由
  2. OB訪問するなら活かすべきこと

を書いていきます。

極論OB訪問も行かなくていい

僕がしたOB訪問は3回です。

恐らく人よりは数ない方ではないでしょうか。

内容としては

・KEYENCEの若手社員さん
・読売テレビの中堅社員さん
・ホリプロの1年目の社員さん

にOB訪問させていただきました。

内容も非常に濃く、就活のアドバイスも色々教わり非常に有意義でした。

しかし!

この3社とも途中で落ちました。

そう。

OB訪問行かなくてもいい理由その1、

1「OB訪問した会社に必ず行けるわけじゃない」

ということですね。

自分がOB訪問する中で、あ、この会社いいな~とか、この会社違うな…
と思うでしょう。

でも、あなたがその会社を選べるわけじゃないのです。

内定をもらった後にOB訪問して、詳しくその会社のことを知るためならいいです。立派な役目を果たしています。

でも選考前(or途中)のOB訪問をたくさんしたところで、その会社に行けると決まったわけじゃありません。

だったら、自己分析を進めたり、ESを書く時間に当てた方がぶっちゃけ有効じゃないですか?
寧ろ自分のしたいことに費やしてもいい。

そして行かなくてもいい理由その2

2「ぶっちゃけ知りたいことは福利厚生でしょ」

ということ。

気持ちはめっちゃわかります。
休みはとれるのか…ボーナスはどれくらい入るのか。家賃補助はあるのか…初任給は…

などなど。

大概この手の情報は企業のWEBサイトに行っても、載ってませんよね。
載ってたとしても、実態は違うかもしれません。

だから知りたいと思うのは当然です。

でもね。
先ほども書きましたが、それを知ったところで、その会社にいけるかどうかは分からない。

内定貰ってから色々伺えばいいんじゃないかと思っています。

余談ですが、僕がOB訪問された時は、包み隠さず額面も見せてます!
KEYENCEの社員さんがそうしてくれたのが印象的でかっこよかったので。
(3年目にしてビビるほど貰ってて泡ふきました笑)

最後の理由です。これは超個人的です。しかし最大の理由です。

3「アポを取るのがめんどくさい」

知りあいでもない人に1からアポを取りに行く億劫さ。

それがぬぐえなくて、僕はOB訪問あまりしませんでした。
(僕がさせていただいた3名も、実はセミナーで繋がった人だったり、舞台の共演者だったりでした。全くの初対面というわけではなかったのです)

もっと行動的になってもよかったかもしれません。

しかし就活に対してそこまでのバイタリティーを僕は持ち合わせていませんでした。

以上のことから、やりたくない人は無理してやらなくていいと思います。

OB訪問のメリット

では、逆にOB訪問のメリット、そして生かすべきこと。

これは間違いなく

「ES&面接」

ですよ。選考面に活かさなきゃ、OB訪問はなんら意味がないと思っています。

具体的には

  1. エピソード利用
  2. 選考対策

の2つに活かすんです。

エピソード利用で活かす

まずはOB訪問をエピソードに活用するということ。

つまりESや面接の中で、

「OB訪問をさせていただいて~」的な感じに使うということです。
ぶっちゃけあるあるですねw

だからこそ、ここで気を付けてほしいことは

「人じゃなくて会社に共感する」

ということ。

「御社マーケティング部○○さんの話を伺って、~~なところが素晴らしいと感じました。御社にいる人に惹かれました…」

ざっくりですが、こういうのはNGということです。

・「人に惹かれた」
・「○○さんのようになりたい」

的なニュアンスは全部NG。

なぜなら、その会社には○○さん以外にもたくさんの人が働いてる。
そして他の人も同じように○○さんみたいなわけではない!

からです。

「○○さんの話を聞いて、この会社には~~のような環境があるのかな、と思いました。
そういう環境に、僕の**という面を活かせられるかな、と思い志望しました」

という、「人から透ける会社の様子」に対して、自分をコミットさせていきましょう!

選考で利用する

こちらの方がOB訪問するメリットであります。

すなわち、どういう内容の選考があって、面接ではこういうことを聞かれる…この部分を対策した方がいい。

などの選考を進めていくための具体的なアドバイスを聞ける!ということです。

OB訪問する際は、正直ここを詳しく聞けばいいんです。

実際、僕と連絡を取り合って選考の情報を得ていた後輩は、僕の会社の内定を勝ち取っていました。(辞退しましたが…涙)

ただし、ここで中堅社員の話を聞いても役に立ちません。

1~3個上の社員から(できたら1個上)、フレッシュな選考情報を得てください。

最後に

以上が、僕のOB訪問に関する見解です!

自分のモチベーションが続く範囲でやればいいんじゃないでしょうか!

雑だけど僕の中の真理ですね。

この記事を読んだ人がよく読む記事

通過ESを1000社分見れるサイトがあって超後悔している件

【就活】「逆オファー」待ちすれば楽になる。 

Life Is Entertainment!!

いちまろ

コメント