いちまろ

幸せは一つの尺度で決めないほうがいい話

幸せは一つの尺度で決めないほうがいい話

 

いちまろ夫婦・いちまろです。

質問箱に、こんなメッセージを頂いたので、少しブログで書かせていただこうと思います。

質問ありがとうございます。

色々考えさせられました。

 

 

この質問の回答の結論からいうと、

「自分周り安定してて穏やかで楽しい人生」

が好きです。

 

でも、上へ上へ目指していかないといけないとも思ってます。

 

それは、僕自身の「性格」がそういう性格だからです。

このへんのお話について、ちょびっと語ろうと思います。

仕事も家庭、どっちが大切か論争

まず、せっかく生を授かったので、幸せにやりたいことやって楽しく生きる、これが僕の価値観です。

 

自分が幸せになり、そして自分の近くにいる人、それはつまり妻であり、家族であり、友達であり、職場の人であり、ようは自分の半径にいる人。

その周りの人も幸せにすることで、結局自分も幸せになる。

 

それが一番素敵な人生だと思います。

僕にとってのね。

 

じゃあ、家庭を顧みず、仕事中心になって、上へ上へと目指す人生が幸せではないのか?

といわれたら、それも違うでしょう。

 

人によっては、人生をかけて何か成し遂げたいことがある人も多いはず。

それに、いくら家庭が大事だからといって、じゃあ働かずにずっと家庭にいたらいいか、って言われたら、それはNOですよね。

 

お金の価値は分かりやすく、短期間なら幸せを届けてくれる。

けれど、愛とか友情とか、そういうのはAmazonでは買えない。

 

いや~何が、幸せなんでしょうかね。

難しいっすよね。

 

自分にとっての幸せを定義する

 

そんなとき、僕が腑に落ちた考え方があります。

 

それは

「自分にとっての幸せを定義する」ということです。

人と比較するのではなく、あくまで自分の幸せを求める。

 

「自分は人生に何を望んでいるのか」

を、考えるということ。

 

欲しいものをすべて手に入れるのは絶対無理。

仕事でも、家庭でも、「もうそこまでで十分幸せ」というラインを決めないといけないんです。

 

数切りなくある選択肢が蔓延するこの世の中で、満足するラインを、その要素を決めることが大切。

[ad]

幸福の4要素はすでに解明されている

とどのつまり、幸せを一つの尺度で決めるから、一番の問題なんです。

人生の尺度は、一つでは到底図れません。

 

仕事だけでも、家庭だけでも、測れない。

 

お金に焦点を当て、働き続ければ、家族の時間は失われる。

しかし、家族と一緒にいても、喧嘩して過ごすんじゃあ、それは幸せな時間でない。

 

ローラ・ナッシュ先生と、ハワードスティーブン先生の研究では、幸福の測定基準として4つの要素が必須といっています。

 

  1. 幸福感(=楽しむ)
  2. 達成感(=目標を達成する)
  3. 存在意義(=他者の役に立つ)
  4. 育成(=伝える)

 

この4つをどういうバランスで満たしてあげるか、それこそがあなたの人生の幸せの設計図なのです。

 

幸福の4要素の具体例は、僕の場合こんな感じ

 

僕でいうなら、幸福感はプライベートで妻や友達と遊んだときに感じられるし、仕事をやり遂げることで、達成感と存在意義を感じています。

存在意義は、妻との生活で家事をしているときなんかにも感じたりしますね。

育成面だったら、友達とか、仲のいい後輩の相談とか、仕事でなら部下のTRとか。

 

そういった4つの要素で、日々喜びを感じています。

どれかに少し偏ってもいいけど、どれ一つとして軽視してはいけないのが、この幸福の4要素です。

 

 

いくら、幸福感があって過ごしていても、目標達成のない現状維持の仕事、達成感のない仕事はつまらない。

逆に、バリバリ働いて、会社の中で頼られて存在意義を感じても、毎日家に帰ってくるのが遅くて、妻に迷惑をかけているのであれば、幸福感を感じることが少なくなる。

 

重ね重ねになりますが、僕はこの4つの要素をしっかりバランスとって生きることが、自分にとっての幸せな人生の解だと思っています。

 

アメリカの研究者がしっかりと研究しているだけあって、この4要素って、結構どの人にも当てはまる解だなと、感じます。

[ad]

余談ストレングスファインダーで見る性格

 

ストレングスファインダー」というツールを知っていますか?

僕の会社では全社的に導入されているツールなんですけど、自分が持っている「強み」を教えてくれるんです。

 

(ストレングスファインダーについての詳しい記事は、妻が書いた記事を参考にしてみてください)

https://ichimaro.com/entry/strengths

 

 

教えてくれる資質は34のうち、一番強い傾向が出ている5つの資質。

 

 

僕は

  1. 達成欲
  2. 最上志向
  3. アレンジ
  4. ポジティブ
  5. 戦略性

という資質を持っています。

 

妻は

  1. ポジティブ
  2. 達成欲
  3. 成長促進
  4. 未来志向
  5. アレンジ

という資質です。

 

・・・似てるwwwww

 

 

結局僕に限って言えば、

  • 達成欲…何かをどんどん成し遂げたい、マルチタスクで動いていきたい
  • 最上志向…上へと目指したい、自分を高めたい、自分の能力を高めてくれる人といたい

 

こういった性格を、もうめちゃめちゃ強く持っているわけです。

なので、

 

安定して穏やかな人生を送りたいのが一番なんですが、ある程度上へと目指したいのは、僕の欲求の中にはあるのです。

 

 

まとまらずすみませんが、今回はこの辺で。

もっと伝わりやすい文章を書けるようになりたいなぁ…と思いつつ、殴り書きで書けるのもまたブログの良さだなぁ・・・としみじみしております。

 

 

素敵な質問ありがとうございました。

よかったら、またご質問ください、僕も嬉しいです。

質問箱はこちら

 

いちまろ

 

参考文献

残酷すぎる成功法則

次の記事

http://monthly-travel.com/kindleunlimited_osusume_manga/